Dance class

バレエとダンスを両方学ぶ

コフレダンススタジオでは、
月4回のバレエのクラスを基本としていますが、
5週ある月は、5週目にダンスクラス(ヒップホップ)を行います。
バレエだけでは補えない音感の育成と、動作、
より日常に寄り添ったダンスのスキルをアップさせ、
普段からダンスを楽しめる事を目的としています。
実は、バレエのデメリットとして、決まった事を繰り返し身体に教え込む為、
バレエ以外のダンスが難しくなる事が多いのです。
それでもクラシックバレエが基本となる理由は、

「人に見せる為の踊り」を学ぶ中で、身体の美しい伸び、良い姿勢を知らないのは、世界的にすごく遅れていると思うからです。

そして、良い姿勢から崩せない。。という事も重大な問題です。

ダンスと両方習える事が理想的ですが、
今は毎週バレエを頑張っているみんなの為!という
イベント的な感じで、5週目に行っています。
成長すると共に近年のバレリーナ、ダンサーに必要なスキルも磨きます。

美しいバレエと、
リズムを追求するダンス
求められることが違うから
もっと成長出来る!

バレエは舞台芸術ですので、人に見せるため、決まったポジションの美しさや流れを常に練習し、追求していくものです。

ダンス(ヒップホップなど)は常に日常に寄り添い、流行の曲で踊る事を楽しみ、自身から溢れるステップでパフォーマンスをしたりもします。

バレリーナを目指すなら

近年、バレリーナを目指す為にも必要なスキルとされるコンテンポラリーダンスは
バレエはもちろん、モダンダンス、フロアワーク(寝転んだり転がったり)、インプロヴィゼーション(即興ダンス)、ストリートダンスで使うアイソレーション(体をパーツごと動かすこと)など、様々なダンスのスキルが必要となっています。
コフレではバレエ以外のレッスンが必要になった時、混乱がない様に準備していきます。

PAGE TOP