感性を育てるには

心が動くことをいっぱい体験する

季節ごとに変わる景色や、香り、音、味、肌に触れる空気の温度や強さ、

見るもの、聞くもの、食べるもの、着るもの

そこで生まれた感情を話したり、絵に描いたり、

もちろん身体で表現したり、

その積み重ねで磨かれていきます✨

ふとした瞬間に思い出す子どもの頃の記憶

通学路で見ていた何気ない景色も、つつじの味も笑

心の引き出しにしまってあります。

いつでも引き出しを開けて取り出せると、更に素敵で面白い事になりそうです。

舞台上のバレリーナ

バレエの基礎は

トレーニング的ですが、

バレエの舞台は

総合芸術でダンサーは感情や気持ちを表現する演者です。

ですので、

受けるだけではなく、自分発信が必要です。

バレエのレッスンは基本的に先生だけが喋り、生徒は黙って行う事が長年のルールという感じです..

良い部分ももちろんありますが、知らず知らずのうちに出せるものも出せない、萎縮した状態に陥ってしまうかもしれません…

1番表現しやすい「話すこと」

なんで?と質問や、出来ないーー!出来た!という感情の共有、規制しすぎない環境づくりを大切にしていきます。

関連記事

  1. 福泉陽花「コフレダンススタジオ西東京市、東伏見と大泉学園の習い事バレエ教室」
  2. 先生お気に入りのハチブンブンバレエスカート
PAGE TOP